副業でライター、どんな仕事?

働く方法には、様々な形が存在します。
在宅での仕事を希望する人にはその人それぞれの事情があるのが当たり前で、仕事をする上でその責任が発生するという事に関してはどんな仕事をしていても変わり無いものです。
たとえば、会社に勤めながら副業として在宅ワークをしているとします。
その副業は責任の無いものかというとそうでは無いのです。
今の社会ではインターネットの普及によって、副業の種類も多々増えてきています。
その中でも初心者でも内職程度の収入がすぐに得られるものとしてライターという仕事があるのをご存知でしょうか。
たくさんのホームページやメールマガジンのようなものや、企業の紹介記事などを在宅でライティング(記事を書く)するお仕事です。
基本出社する必要が無く、在宅でメールのやり取りで仕事を会社から割り振ってもらい、締め切りまでに納品するのです。
様々なコンテンツやキーワードを指定しての依頼が来ることが多いのでそのことに関しての知識も必要ですが、オリジナルの記事を500時程度でまとめて書いていきます。
ウェブ上の様々なところで募集しており、その応募条件には制限はありませんが、一定以上のスキルは求められるのでテストライティングを経てからの仕事受注が基本のようです。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP