文章を考えるのが好きなら、ライターはお勧めなのです

ライターをして副収入をと考えている人に、経験のある人からの助言を紹介します。
募集がかかっているものの多くは、文字打ちとはぜんぜん違います。
文字打ち(タイプライター)は元々あった記事をパソコンのソフトを使ってひたすら打ち続けるというものです。
しかし記事を書く仕事は文字をひたすら打つだけでは収入に派なりません。
ある程度の知識と文章を構成する能力が求められる職種なのです。
何かの講義や講演会などのテープを聴きながら文字にするのはテープライターという職業ですが、これも一昔前に主婦の間で流行った内職のひとつです。
どれも文字をキーボードで打つことには変わりないのですが、そもそも単価が違うので内職としてやるのには問題ないかもしれませんが副業として確立させるには少しきついかもしれません。
WEBライターという職種が副業として人気を得ています。
インターネットやスマホ世代に大人気の職業かも知れません。
文章の構築能力があり、経験豊富な主婦にはもってこいの副業だとも言えるでしょう。
プロであることは必要ないかも知れませんが、仕事としてやっていくことになる

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP